復縁アプローチ方法

復縁までのアプローチについてのまとめ - 復縁の流れを作るのも大切

復縁の流れを作るのも大切

壊れてしまった関係だけれど、やはり同じパートナーともう1度やり直したい。
そう考えて復縁をねぞ無比ともいるでしょう。
そうした時に、やはり流れを整える必要があるのです。
流れといっても気をつけて欲しいのは「前回から続いているもの」という考えを持たないこと。
1度終わった関係なので、復縁とはいえ最初の段階から関係を作っていくという考えが大切になっていくのです。
このような考えから、ファーストアプローチはいきなり復縁を打診するのではなく、相手を思いやるような言葉からスタートさせていきましょう。
その時、直ぐに返信が望めるという期待はあまりしないほうが良いでしょう。
相手も戸惑いを隠せない部分もあるかもしれません。
気長に進めて行くといった心構えを持つようにしてください。
そして、直ぐに関係を修復するのではなく「やっぱり一緒が良い」と思い合える関係を作って行きましょう。
楽しい話を出来るような関係にまで戻っているようであれば、電話でもメールでも良いので笑い合う意識を持ちましょう。
連絡が頻繁に出来る関係になれば、食事程度から会ってみても良いでしょう。
このとき、いきなり復縁を切り出すのではなく「そうした気持ちがある」という程度の伝え方をするのも効果的です。

関連記事の紹介